分科会活動の概要


焼結基礎分科会     硬質材料分科会

磁性材料分科会      粉体基礎分科会      粉体成形分科会

新機能材料分科会       自動車焼結部品分科会    

<< 焼結基礎分科会 >>  主査(石原 慶一) 

(1) 粉末製造委員会 (新見 義朗)
    粉末冶金用を中心に,電子材料用やその他機能性材料用途も含めた様々な粉末の製造方法およびその特
    性,評価方法に関する研究開発,並びに生産技術や用途開発等について討論および情報交換を行う.

(2) 焼結機構委員会 (品川 一成)
    ニアネットシェイプ制御および組織制御の観点から常圧および加圧焼結機構に関する研究発表および情報
    交換を行う.

(3) 技術・品質評価委員会 (伊藤 孝至)
    粉末冶金技術を用いた製法および製品における現状の問題点の適切な把握と粉末冶金技術の更なる向上
    を図るための各種定量解析手法に基づくプロセス制御や製品評価に関する研究について討論や情報交換
    を行う.

(4) メカニカルアロイング委員会 (石原 慶一)
    ボールミリングなどのメカニカルアロイングの手法(繰り返し塑性変形を伴うバルクメカニカルアロイングを含
    む),強度,機能などのメカニカルアロイング粉末の特性,メカニカルアロイング粉末の固化成形など関する
    研究・討論・情報交換を行う.
<< 硬質材料分科会 >>   主査(松原 秀彰)
    WC基超硬合金,Ti(C,N)基サーメット,セラミックス,cBN・ダイヤモンド焼結体およびCVD,PVDなどの硬質
    コーティング技術について,原料,材料組織,基礎特性,工具特性,製造技術ならびに関連の解析法,理論
    シミュレーションなどに関する最近の研究成果や技術動向に関する発表を行い,硬質材料の一層の飛躍の
    ためのヒントを得るための相互に活発な議論を行う.昨今の課題であるW,Co等の希少金属代替材料開発
    についても議論する.
<< 磁性材料分科会 >>   主査(北本 仁孝)                                   To Top
(1) フェライト委員会 (北本 仁孝)
    国際フェライト会議(ICF)の開催のほか,基本的には,磁性材料へ繋がるサイエンスの基礎的なアプローチ
    フェライトの磁性材料としての基礎的な作製法・特性向上に関する研究を追求するとともに,コストパフォー
    マンス向上など,実用化・産業化を指向した研究分野を活性化させる.これに加えて鉄を中心とした遷移金
    属酸化物の新規な応用,さらに現存する工業材料の高性能化,小型軽量化,低価格化,環境適応性,等
    を支援する研究・討論・情報交換を行う.

(2) 硬質磁性材料委員会 (杉本 諭)
    永久磁石材料は,身近な家電製品から,ハイブリット自動車さらには医療用機器などに広く用いられている.
    これらに用いられる磁石に関する研究は,ナノテクノロジーを主体にした薄帯や薄膜などを作製する新しい
    プロセスの開発,理論並びに物性解明が進み,希土類―鉄-ボロン系磁石,窒化物磁石,フェライト磁石,
    さらに複合材料(ボンド磁石)を含め今までにない特性をもつ磁石が開発されている.特に高性能な磁石は,
    電気電子機器の省エネ,小型化のニーズに沿った磁石開発が行われている.本委員会は“永久磁石とその
    応用”というテーマで,高性能磁石,さらに近年希少金属であるDy金属を含む高保磁力希土類磁石におけ
    るDy金属の低減化問題等について,応用も含め,最近の研究成果や将来展望に関しての研究討論会を
    開催し,情報交換を行う.
<< 粉体基礎分科会 >>   主査(藤  正督)
    固相,液相および気相からの粉体製造技術や複合化技術を含んだ粉体合成と合成方法による粉体物性
    への影響などを幅広く議論し,粉体基礎物性の評価や焼結を含む粉末冶金技術の基礎と応用に関する幅
    広い討論および情報交換を行う.
<< 粉体成形分科会  >>   主査(近藤 勝義)
(1) 成形・加工委員会 (近藤 勝義)
    焼結プロセスの高度化を目指した圧粉成形機構の解明と焼結体の塑性加工プロセスの構築に関する学術
    的研究成果と,それらを利用した工業的応用事例に関する討論会を開催し,産学間連携を通じて成形・加
    工の観点から焼結体の高機能化・多機能化についての議論を深めるための討論および情報交換を行う.

(2) 等方圧加工技術委員会 (増岡  格)
    熱間等方圧加工(HIP)/冷間等方圧加工(CIP)分野における技術動向・業界動向などに係る情報の収集
    や交換,他業界および海外の関連組織等との交流を促進して活性化を図る.

(3) 射出成形委員会 (中山 英樹)
    粉末射出成形の技術普及を進めるため,原料,混錬,成形,焼結,評価の各機器メーカー及び成形メー
    カーの技術交流ならびに本成形技術に関する評価方法の確立についての検討及び情報交換を行う.

(4) 粉末積層3D造形技術委員会 (野村 直之)
    金属およびセラミックス粉末の積層造形技術に関しての技術情報の交換,技術者の交流および海外の
    関連学協会との日本の連絡窓口として情報交換を行い,該技術の普及を促進する.
<< 新機能材料分科会  >>   主査(嶋田 勇三)                                 To Top 
(1) 機能性複合材料委員会 (菅原 義之)
    複合材料ならびにハイブリッド材料の新しい合成技術,特殊構造制御による機械的,電気的,磁気的,光
    学的特性などの機能発現と応用に関する研究,討論および情報交換を行う.

(2) 金属ガラス・ナノ金属結晶材料委員会 (山崎  徹)
    アモルファス合金・金属ガラスおよびナノ金属結晶材料における,構造,物理的・機械的・化学的・磁気的
    性質についての講演,討論や情報交換を行う.

(3) 光機能材料委員会 (田中 勝久)
    光触媒,蛍光体,レーザー,光ファイバー,非線形光学素子などさまざまな光機能材料を対象として,プロ
    セッシングの方法と特性評価,物質の基礎的な光物性を中心に,研究,討論および情報交換を行う.

(4) 傾斜機能材料委員会 (後藤  孝)
    セラミックス,金属,高分子などの広範な材料系において,傾斜機能材料の設計,構造・組織制御,特性
    評価に関する研究,討論および情報交換を行う.

(5) バイオインスパイアード材料委員会 (大槻 主税)
    生体内での無機固体合成のプロセスに啓示を得た常温常圧における無機固体材料の合成,生体組織
    に類似した高次構造を有する機能性材料の合成,生体の機能を模倣した材料の創製等に関する研究,
    討論及び情報交換を行う.

(6) イオン伝導材料委員会 (町田 信也)
    イオン伝導材料,電池材料の開発には粉体粉末冶金に関わる部分が大変多く,重要な部分である.こ
    の分科会では,燃料電池,リチウム電池,センサー,キャパシター,その他イオン伝導材料が関係する
    分野を視野に,その材料の基礎物性から応用面に立脚した材料設計に関する討論と情報交換を行う.

(7) 機能性酸化物材料 (島川 祐一)
    機能性酸化物材料を対象に,合成から特性評価,実用展開に至るまで,広く材料研究の基礎から応用
    に関する情報交換を行う.特に,多岐にわたる材料形態(バルク,薄膜,微粒子)やそれらの合成手法,
    結晶構造や磁性,誘電性,電気伝導性などとの相関について,広く議論する.また,基礎物性とデバイ
    ス応用をつなぐための場としても機能することを目指す.

(8) 電子部品材料委員会 (嶋田 勇三)
    エレクトロニクスへの応用が期待されている高機能電子部品材料を中心に,材料物性,材料設計技術,
    合成プロセス,電気的・機械的特性やその応用としてのエレクトロニクス実装技術への展開に関する研
    究開発,討論,および情報交換を行う.
<< 自動車焼結部品分科会  >>   主査(尾ア 由紀子)
    自動車の環境負荷低減のため,環境・省エネ自動車の開発が加速している.自動車へ広く採用されて
    いる粉末冶金製品も環境自動車に対応した製品開発が必要となり,自動車の小型軽量化,燃費向上シ
    ステムへの採用等,焼結部品への期待は高まりの中,自動車の動向や最新の技術情報の共有化を図
    り,焼結部品への採用拡大を図るため討論,情報交換を行う.

                                                                    To Top